千島保育所

クラスだより

ひまわり組クラスだより5月号

新しいお部屋におもちゃ、新しいお友達に胸を弾ませていた子どもたち。そして幼児クラスに仲間入り!時には新しいことばかりで不安になることもありますが、大好きな遊び(自転車やお水遊びなど)を通して友達同士の関わりも見られてきて、毎日楽しく過ごせているように思います。
4月は新しいお友達も一緒に楽しく過ごせるように、体操や追いかけ玉入れ、水遊びなどみんなで出来る遊びをたくさん取り入れてきました。
体操では、音楽が鳴り始めると、身体がピョンピョンと動き出し体操が大好きな在所児のお友達につられて、リズムにのって楽しんでくれていました。
また、幼児クラスから使ってもいい遊具(自転車、下駄など)があり、興味津々で挑戦しています。
特に自転車が大好きで、所庭に出ると毎回のように取り合いが始まっていましたが1カ月程経ち、絵本やお話を通して徐々に順番を待てるようになり「貸して」と言葉で伝えられるようになってきました。ルールも分かってきて、「○○ちゃんここは危ないから広い所で乗りや」「△△くん1周したら交代ね」などと教えあう姿も見られます。
4月の後半にはこいのぼりの歌を歌ったり、自分のクレパスを使ってこいのぼり製作(画用紙に好きな色で模様や絵を描く→短冊状の折り紙をはさみで切る→切った折り紙をノリで貼る→目を付け完成)も数日かけて取り組みました。まず、自分のクレパスがあるということが嬉しそうな子どもたち。
「つかっていいの?」と目をキラキラ輝かせていました。使い方を伝えながらすると、クレパスの箱のふたを重ねて置いたり、片付けも上手に出来ていました。慣れてきたらお部屋の自由遊びの時も使って遊ぼうと思います。
幼児クラスは1日の中でサークルタイムという時間(朝夕各15分程度)を設けていて、お話しをしたり、絵本を見たり、歌をうたったり、みんなで1つの遊びをして過ごしています。
子どもたちと保育士が向き合って座って取り組んでいるのですが、毎日続けているとお部屋遊びの片づけ後に自然と集まってくれるようになっています。
みんなでした手遊びも覚えてしていたり、遊びの中で保育士の真似をして椅子に座って絵本を読んであげていることもあり、1人がするとみんなも真似をして、気づくと保育士役が10人程になっていることもありますよ。とても面白くて可愛いひまわり組の子どもたちに笑顔と元気をもらっています。
お忙しい中クラス懇談会へのご参加もありがとうございました。