千島保育所

クラスだより

ふたば(0歳児)7月号

6月になり、全員で5人になってお部屋のにぎやかさが増してきました。
お友達に興味を持ち、
好きなことで遊んでいる友達に近づいて関わろうとします。
ちょっと早く起きている子が、まだ寝ていて目覚めた様子に気付き「あっ!あっ!」と指さししています。
どちらも保育士に知らせようとしたり保育所生活の中にも関わりのある姿がみられます。
遊びの中では、音が鳴るものに興味を示すようになる子もいます。
手作りマラカスを片手や両手で持ち「カラカラ!」「チリン!チリン!」とお友達と鳴らし合って喜んでいます。
自分で高く両手を上にあげ布をかぶって「いないいないばあっ!」をして遊んでいます。
お友達がかぶっている布を取り「ばあっ!」と声かけたりもしていました。
チェーンリングにも興味を示して両手を使って首にかけて「あっ!できた」とお友達と確認をして関わり遊ぶ姿も見られます。
どの場面を切り取っても、友だちや保育士への興味に繋がり、お互いに関わりを持ちながら日中、仲良く過ごしています。

指先に絵の具を筆でつけて画用紙にカタツムリの模様を描きました。
かわいい指先で「ポンポン!」とスタンプのように叩いて描いたり、指先についた絵の具を両手で感触を味わいながら指を動かして描き楽しんでいました。
自分の手を広げて確認しながら模様を付けている子どももいました。
絵本にも興味を示し1対1で読み始めると、這い這いで寄ってきたり離れた場所からでも興味をもって見ています。
又、自分でページをめくろうとして、めくれると嬉しくて集中して見てくれています。

テラス遊びでは、這い這いから伝い歩きや一人歩きへと成長しています。
戸板の斜面を登れなかった子どもも斜面の上にあるボールを見て這い這いで登って手を伸ばしておもちゃを取ろうとしたり、斜面を立って歩いて登っています。
大きなボールを見つけると取りに行き両手でつかんで「ポイ!」と投げ転がるボールを追いかけて繰り返し遊ぶようになりました。
シャワーが始まりましたが、子ども達は大好きでお湯が顔や頭にかかっても気持ちよさそうに綺麗になった感触を楽しんでいます。