千島保育所

クラスだより

おひさまだより11月号

朝晩の寒暖差がますます大きくなり、秋らしい日が続く毎日になってきました。
子どもたちも「かぜがつめたいなあ」「ジャンバーきてくる~」と言って身体で季節が変わってきていることを感じているようですよ。
先月よく遊んでいた紙コップを使った制作からどんどん広がり、環境認識を通して乗り物制作に夢中になっています。
作り方の本を見て「ここきるの~?」と考えながらハサミで力強く牛乳パックを切っていました!
得意な子や何度も作っている子が初めて作る子に一緒に作りながら優しく教えてあげtていました。
必要な材料を持って来てあげたりする姿もあり、友達同士の関わりもかなり増えてきたように感じています。
乗り物を作るだけでなく、作ったもので遊ぶことも楽しんでいますよ。
机を斜めにして坂道を作ったり、小西さんに教えていただいた輪ゴムを使った乗り物を動かす方法で遊んでみたりもしました♪

今年度初めての遠足では、大正消防署に行って間近で憧れの消防車や救急車をみてより関心が高まっていました。
訓練をしている消防士さんたちを見る目はキラキラしていたり迫力のある雰囲気に圧倒される子もいました!
普段できない経験をすることが出来て嬉しそうでしたよ♪
その後の小林公園ではお弁当が楽しみすぎて、着いてからすぐに「せんせ~おべんとうはまだ~?」と遊ぶことも忘れるほどでした。
お弁当を食べる時間になると、急いでリュックからお弁当を出して満面の笑み。
「おいし~い♪ウインナーもはいってんで」「○○ちゃんとたまごやきいっしょや!」と見せ合いっこしながら食べていました。
たくさん歩いて遊んだので帰りはクタクタかな?と思っていましたがしっかり友達同士で手を繋いで歩いて帰って来ることができました!
ふじぐみさんやきくぐみさんが優しくひまわり組さんを励ましてリードして歩いてくれたおかげです。
日々子ども達の成長や優しさに心動かされます♪
最近は少し長めの歌も歌詞を覚えて歌う子が増え、『♪バスごっこ』は3番まである曲です。
みんなで自信を持って歌えるようになってきました。
リズムにのって歌詞を身体で表現しながら楽しく歌っています。
これからもさらに子どもたちが制作や、やりとりを楽しむ遊びを通して自分を表現出来るように様々な経験を積める環境にしていきたいと思います。